博多三氣

博多三氣のこだわりをご紹介。とことんこだわりぬいた5つの要素とは?

English

九州で生まれた博多ラーメンだから、素材はとことん国産・九州産にこだわりました。

福岡県産ラーメン専用小麦『ラー麦100%』

ラーメン処福岡で、ラーメンのために開発された専用品種『ラー麦』のみ使用し、独自の製法で自家製麺しております。コシがあり、茹で伸びしにくく、小麦本来の香りを楽しめます。当店は、外国産の小麦を一切使用せずに全店で『ラー麦100%の自家製麺』をご提供しております。

元祖 替玉10円

外国産の小麦を一切使用せずに、福岡県産ラー麦のみを使用した自家製麺はほかのどの替玉よりも原価は高くなります。しかし、あえて替玉を10円でご提供しているは、「ラー麦」のおいしさをもっと知っていただいきたい。そして、福岡県の農業に少しでも貢献したいという強い想いのもと継続しております。

あっさりとしていながらもコクと旨みのスープ

毎日食べても飽きない「あっさりとした中にコクと旨みがある」スープは、九州産豚の頭骨にこだわり、衛生的なセントラルキッチンでじっくり煮込んだ博多三氣オリジナルです。

ネギも福岡県産

ネギは独自の流通経路で福岡県糸島産の新鮮な青ネギだけを使用しています。

辛子高菜も国産

博多エリアならではの「からし高菜」がテーブルに置いてある風景。勿論、博多三氣にもこだわりのからし高菜が存在します!! 最近では高菜も海外産を使う店が増える中、国産にこだわりました。博多三氣のからし高菜はピリ辛に仕上げた癖になる辛さと美味さ!食された全てのお客様に「美味しいネ」と言って頂けるように、心を込めて製造しております。

博多への郷愁を誘う店内

店内のテーマは、博多ラーメンの生まれた昭和の雰囲気を再現しています。木のぬくもりや電灯のほどよい灯り。博多の2大祭り「博多祗園山笠」「はかたどんたくみなと祭り」をモチーフとしたビジュアルに加え、名物の屋台風のカウンターが博多への郷愁を誘います。